スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

V-Carnivalライブレポート 〜Virtualの5年とこれから〜 #02 Day2

最近の投稿

V-Carnivalライブレポート 〜Virtualの5年とこれから〜 #01 Day1

久々すぎてブログの書き方を忘れた青りんごです。1年以上ぶりかな。 ここのブログタイトルの通りいろいろな実験場として、いろいろなものを書き溜めて( そしてだいたい長続きしない )いるわけですが、久々に新しいものとしていわゆるV-(Tuber|Singer|Artist)関連の記事を書いて行こうと思う。 今回1発目の記事は、先日開催されたV-Carnivalのレポートを中心に、Virtual界隈のこれまでとこれからを振り返っていく。 (※使用しているスクリーンショットの著作権はV-Carnival 実行委員会に帰属します。) #01 Day1←今ここ #02 Day2 #03 Virtualの今までの5年を振り返り、これからの5年を考える (一部ツイキャス配信の再録を含みます) TV局バックエンドだからこそのAR演出 ✨明日!開催!✨ #Vカニ LIVEの推しポイント ▶️大迫力の歌番組ステージ ▶️某有名アニソンフェスステージPが カット割を演出 ▶️照明、CG、ARが絶妙に融合 #Vカニ にしかできない圧倒的なクオリティのLIVEをお約束します!! 🔽チケットはこちら https://t.co/xr29e8OMcc pic.twitter.com/ysmOk90Ko9 — 【公式】V-carnival #Vカニ (@vcarnival_staff) April 2, 2021 まず今回のライブで特筆すべきところは、やはり圧倒的なクオリティのAR演出である。一般的なVirtualライブでは、 スクリーンや透明なボードにキャラクターを投影する 完全にVRなステージで行う な2パターンが多く、どうしてもスクリーンから感じられるギャジー名感じであるとか、全てCGで構成されたステージなど「映像である」というのはどうしても感じる点はあった。 しかし、今回は実際に組まれたステージにノンマーカーで合成されたCGが乗り、実際の光源やレーザーとCG上での演出が非常に調和が取れていた。これには、リアルでの演出の長けたフジテレビFNS歌謡祭スタッフと、CGでの演出の長けた LATEGRA や LOGIC&MAGIC のタッグが取れた結果である。 なおかつ、今回は完全無観客であるという前提で設計された(であろう)ことからAR演出を全面的に押し出した演出が出来ることでこの

トリシティを買います。 ~序章~

---久々にブログ書いて、こんな大ネタぶちこむとは思わんだ。 というかサークルネタにバイク買うとか、費用対効果もあったもんじゃない ご無沙汰してます、初転勤で引っ越して半年もたたずに部署も変わって実生活はだいぶ荒れ狂ってる青りんごです。 (経緯も経緯なので正直だいぶ穏やかではない タイトルにもある通りトリシティ(155ccの方)を買う決断をしました。 そこ、しまりんに影響されたとか言わない ("直接には"影響されてない理由は後述) というものの、車ほどガチガチでもなくラフな移動手段が欲しくて原付でも買おうかなあとは社会人になった当初から考えていたのですが、 どうせ原付買うならビッグスクーター(≒原付二種)良くない?あとこの辺だと高速乗れたら楽しそうだし155ccぐらい良くない? という至極安直な発想でバイク購入を決意。車種は比較的オーソドックスな マジェスティ とかでも良かったのですが、前二輪という  変態  実用性と近未来的フォルムを兼ね備えた トリシティ にすることに。ちょっと高いけどかっこいいし、安定感あるし許す。 (註釈:現行販売されているマジェスティSは台湾からの逆輸入モデル。国内での製造は終了してます。 ただ特殊な構造と排気量故に免許の問題っていうのもあって、普通二輪免許無いと乗れないということで(原付二種だと小型でもいいんですがねえ……)免許取得しつつ車両手配という感じに。 (註釈:155ccは法令上では「検査対象外軽自動車の側車付オートバイ」という扱い。めんどくさいので、更に噛み砕いて言うと 検査対象外軽自動車→自動車登録検査制度、いわゆる車検の対象から外れている軽自動車。250cc以下の普通自動二輪や牽引式のキャンピングカー、スノーモービルなんかが該当します。車検はないですが、軽自動車税は徴収されます。 側車付きオートバイ→サイドカーのこと。映画とかに出てくるアレ。現行法に合致するように無理矢理の法解釈で運用されてますね。 最初にしまりんの話をしましたが、しまりんがコラボ漫画で乗っているのは125ccモデルで原付二種です。なので"直接は"影響されてない。というかビーノの代車がトリシティって太っ腹。 幸いにも市内にあるチェーン店のレッドバロンで 免許取得応援キャンペーン

Bloggerに引っ越しました

数年ぶりにですが、WordpressからBloggerに戻しました。 Wordpressも便利だったんですが、更新頻度と維持コストが見合わなくなったのでこっちに戻します。 手作業でデータを引き上げたので、キャプションとか結構飛んでます。 URLについては設定終わりしだい、昔の https://blogs2.a-apple.net/ で見られるようになるはずです。 (もう少しブログかければいいんだけどねぇ……) ではまた。

サークル名で銀行口座を作ってみた

お久しぶりです。 表題の通り、同人サークル 青りんごホールディングス名で銀行口座を作ってみたので備忘録として。 今回作ったのはゆうちょ銀行です。この手の口座ではインターネットバンキングが使えなかったりと不便なことがありますが、この点では比較的ゆうちょは優しいです。 必要となるものは 総合口座利用申込書 取引目的等の確認書類(法人等のお客さま用) (必要であれば)ゆうちょダイレクトサービス申込書 印章 代表者の本人確認書類 規約等の写し 会の活動実態を示す資料 会員名簿 です。それぞれ簡単にポイントを書いておきます。 1:総合口座利用申込書 個人口座と同じ様式の青の申込書です。 ��住所のあとに「代表者 ~」と代表者名を記載 ��おなまえ欄は規約に記載されている名前と表記ゆれがないか注意(特にアルファベットの大文字小文字、単語間のスペース) ��キャッシュカードは一般のみ選択可 ��オートスウィング基準額は1,300万を限度に指定 これはさほど難しくないでしょう。 2:取引目的等の確認書類(法人等のお客さま用) このご時世なので必要な書類です。キチンと書いておきましょう。 ��お取引の名義人様欄で「社団の種別」という欄があります。サークル名で口座を作る場合は「人格なき社団」扱いですので、「10」と記入しておきます。 ��お取引の目的、事業内容は当てはまるものを選択しておきます。ない場合はその他に具体的内容を記入しておきます。(会費の徴収など 3:(必要であれば)ゆうちょダイレクトサービス申込書 申し込みしておいたほうが何かと便利です。住所欄に「代表者 ~」を最後につける以外では特に注意すべきところはないです。 4,5:印章と代表者の身分証明書 面倒になりやすいので会の代表者が行ったほうが無難です。代表者ではなく会計者を設定することもできますが、どちらにしても本人が行く必要があります。あと印章ですが、私は「 いいはんこやどっとこむ 」で作成しました。団体名で印章を作っておいたほうが、代表者変更に伴う改印などの手間が減ります(改印を伴った代表者変更はかなりの厄介案件となるようです) 6:規約等の写し この辺からは難しくなります。規約で記載すべき事項としては、 ��名称 ��

[青りんごHD][急告]弊社情報の不正アクセス事案に関して

青りんごHDへの日頃のご協力、ご鞭撻をいただきありがとうございます。 さて、当HD傘下の同人サークルツカラジッ! 運営代表であるつっか ( @kyounosuke1218 )への不正アクセスが発生したことについてご報告いたします。 当事案における時系列での推移については当人からの情報を参照ください。 つっかのTwitterアカウントへの不正アクセスに関して : ツカラジッ!(本社)放送後記 現段階では弊社情報を共有していたTwitterのグループDM経由での情報漏えいは確認されておりません。 この度はご迷惑をおかけし申し訳ありません。 今後の対策ですが、 ��(利用できる場合)2要素認証の義務化 ��パスワード作成基準の策定(個人的基準では英大/小/数/記をすべて含む16文字以上としております) ��特に必要な場合においてはハードウェアトークンを利用する ��パスワード管理ツールの導入 ��自社運営サーバーのセキュリティー強化 を検討しております。なお、この対策は青りんご生産協同組合が現時点ですでに実施しているものを含みますが、HD全体での運用を図ります。 以上
https://blogs.a-apple.net/blog/2017/10/01/about-the-verification-test-of-common-administration-system/ 先日,共通事務システムの実証実験についてお知らせしましたが,追加でのお知らせです. 当サイトでは,非営利でSSL証明書の発行を行う団体「 Let's Encrypt 」が発行する証明書を用いて全ページでのSSL通信を行っています.この証明書発行元が2/27より ワイルドカード証明書 の発行を開始するのにあわせて,当サイトでも証明書の更新を行います. 更新予定は 「3/1」 となります.証明書更新作業に伴い,すべてのサービスが利用できない時間帯が発生する見込みです.時間帯についてはTwitter( @_aoi_s )にてお知らせします. この更新によって,サービスごとに存在していた証明書が「*.a-apple.net」に一本化されます.また,新サービスの立ち上げ毎に証明書を取得する必要がなくなり,より円滑なサービス提供や,新サービス開始に伴う既存サービスの瞬断が不要となります. 今後も当サークルのサービスをよろしくお願いします. 参考: 2018年1月にワイルドカード証明書の発行を開始 - Let's Encrypt総合ポータル Wildcard Certificates Coming January 2018 - Let's Encrypt Staging endpoint for ACME v2  - Let's Encrypt Community Support