サークル名で銀行口座を作ってみた

お久しぶりです。
表題の通り、同人サークル 青りんごホールディングス名で銀行口座を作ってみたので備忘録として。

今回作ったのはゆうちょ銀行です。この手の口座ではインターネットバンキングが使えなかったりと不便なことがありますが、この点では比較的ゆうちょは優しいです。

必要となるものは

  1. 総合口座利用申込書
  2. 取引目的等の確認書類(法人等のお客さま用)
  3. (必要であれば)ゆうちょダイレクトサービス申込書
  4. 印章
  5. 代表者の本人確認書類
  6. 規約等の写し
  7. 会の活動実態を示す資料
  8. 会員名簿

です。それぞれ簡単にポイントを書いておきます。

1:総合口座利用申込書
個人口座と同じ様式の青の申込書です。
・住所のあとに「代表者 ~」と代表者名を記載
・おなまえ欄は規約に記載されている名前と表記ゆれがないか注意(特にアルファベットの大文字小文字、単語間のスペース)
・キャッシュカードは一般のみ選択可
・オートスウィング基準額は1,300万を限度に指定

これはさほど難しくないでしょう。

2:取引目的等の確認書類(法人等のお客さま用)
このご時世なので必要な書類です。キチンと書いておきましょう。
・お取引の名義人様欄で「社団の種別」という欄があります。サークル名で口座を作る場合は「人格なき社団」扱いですので、「10」と記入しておきます。
・お取引の目的、事業内容は当てはまるものを選択しておきます。ない場合はその他に具体的内容を記入しておきます。(会費の徴収など

3:(必要であれば)ゆうちょダイレクトサービス申込書
申し込みしておいたほうが何かと便利です。住所欄に「代表者 ~」を最後につける以外では特に注意すべきところはないです。

4,5:印章と代表者の身分証明書
面倒になりやすいので会の代表者が行ったほうが無難です。代表者ではなく会計者を設定することもできますが、どちらにしても本人が行く必要があります。あと印章ですが、私は「いいはんこやどっとこむ」で作成しました。団体名で印章を作っておいたほうが、代表者変更に伴う改印などの手間が減ります(改印を伴った代表者変更はかなりの厄介案件となるようです)

6:規約等の写し
この辺からは難しくなります。規約で記載すべき事項としては、
・名称
・所在地
・設立年月日
・構成員たる資格
・会の目的
・会の活動内容
また、最終行以下に、

この規約の記載内容について事実と相違ないことを証明します。
住所
団体名
代表者 自署 印

の記載が必要です。テンプレートになりそうなものはいろいろあります(要望があったらうちの規約をテンプレート化します)

7:会の活動実態を示す資料
事前に窓口で聞いてきましたが、次のようなものが使えるようです
・総会議事録
・総会の招集通知
・各種会合の案内
・事業成果物(出版刊行物等)
・Webサイトの活動履歴(ブログなど広く一般に公開しているもの。SNSのようなログイン前提のものだとダメです)

今回は「設立総会議事録」と「初年度活動計画書」を作成して持ち込みました。特に活動計画書は「毎月1日に役員会をやる」などといった具体的日時を出して予定を書いておくと良いでしょう。(これも要望があればテンプレート化して公開します)
また、補助資料としてツイキャスライブでアカウントメニューの視聴配信履歴、ライブ履歴と会員の最新のブログ記事1件( アニメコンテンツの「聖地巡礼戦略」から考える鉄道との関係性 – 東京発新青森行き最終 はやぶさ39号常務日誌 )を印刷して提出しました。

8:会員名簿
実態のある団体か、多数決の原理が働くようになっているかなどを見るために求めているようです。
・氏名
・役職
・住所
は記載しておくと良いでしょう。

長くなりましたがだいたいこのような資料は必要です。このあと近くのゆうちょ銀行支店に行って手続きしましたが、だいたい資料のチェックなどで1時間半ほどで通帳が発行されました(代理人カードの手続きもしたので若干長めです)

資料準備に手間はかかりましたが、サークル名の口座を持っとくと何かと便利(?)かもしれないので、とりわけ複数人で回しているサークルさんがあったら是非トライしてみるといいかもしれません。

ちなみに、コミケ時期ですがうちのサークルは頒布するものありませんからね!

では。

[青りんごHD][急告]弊社情報の不正アクセス事案に関して

青りんごHDへの日頃のご協力、ご鞭撻をいただきありがとうございます。

さて、当HD傘下の同人サークルツカラジッ! 運営代表であるつっか ( @kyounosuke1218 )への不正アクセスが発生したことについてご報告いたします。

当事案における時系列での推移については当人からの情報を参照ください。
つっかのTwitterアカウントへの不正アクセスに関して : ツカラジッ!(本社)放送後記

現段階では弊社情報を共有していたTwitterのグループDM経由での情報漏えいは確認されておりません。
この度はご迷惑をおかけし申し訳ありません。

今後の対策ですが、

・(利用できる場合)2要素認証の義務化
・パスワード作成基準の策定(個人的基準では英大/小/数/記をすべて含む16文字以上としております)
・特に必要な場合においてはハードウェアトークンを利用する
・パスワード管理ツールの導入
・自社運営サーバーのセキュリティー強化

を検討しております。なお、この対策は青りんご生産協同組合が現時点ですでに実施しているものを含みますが、HD全体での運用を図ります。

以上

SSL証明書の更新について

[青りんご生産協同組合] 共通事務システムの実証試験について

先日,共通事務システムの実証実験についてお知らせしましたが,追加でのお知らせです.

当サイトでは,非営利でSSL証明書の発行を行う団体「Let’s Encrypt」が発行する証明書を用いて全ページでのSSL通信を行っています.この証明書発行元が2/27よりワイルドカード証明書の発行を開始するのにあわせて,当サイトでも証明書の更新を行います.

更新予定は「3/1」となります.証明書更新作業に伴い,すべてのサービスが利用できない時間帯が発生する見込みです.時間帯についてはTwitter( @_aoi_s )にてお知らせします.

この更新によって,サービスごとに存在していた証明書が「*.a-apple.net」に一本化されます.また,新サービスの立ち上げ毎に証明書を取得する必要がなくなり,より円滑なサービス提供や,新サービス開始に伴う既存サービスの瞬断が不要となります.

今後も当サークルのサービスをよろしくお願いします.

参考:
2018年1月にワイルドカード証明書の発行を開始 – Let’s Encrypt総合ポータル
Wildcard Certificates Coming January 2018 – Let’s Encrypt
Staging endpoint for ACME v2  – Let’s Encrypt Community Support

MediaWikiでConoHaのメールサーバーを使う

メモ書きに.

ここでも明記されているように,ConoHaのメールサーバーは共用SSL証明書を使っているので,場合によってはエラーを吐かれてしまう.

最近MediaWikiをインストールしたのだが,こいつも共用SSLを使っているとエラーを吐くようだ.(というか,PHPが5.6.xからピア証明書とホスト名の検証をデフォで有効にしたから.詳しくはここで)

authentication failure [SMTP: STARTTLS failed (code: 220, response: Ready to start TLS)]

↑のエラーが出ているので証明書の問題なのだが,MediaWikiのマニュアルを見ると

「オメーの証明書が悪いんじゃ.なんとかしろよ.」

との仰せ.GMOさんに文句言えばいいすかね?

そんなことも言ってられないので,モジュールの設定を無理やり書き換えて対処することに.

PHP5.6でSMTP送れない件 – ド忘れ防止雑記帳

このへんを参考にしてMediaWikiのnet_socketの設定を書き換える.

/path/to/mediawiki/vendor/pear/net_socket/Net/Socket.phpの694行付近が,

こんな感じになっているので,

701行付近に↓を挿入する.

修正後はこんな感じ.

一応Apacheを再起動すればMediaWikiからメール送信が出来るようになってるはず.少なくともメールアドレス認証のメールぐらいは送れるので,ユーザー作成にメアド必須設定もできるようになります.

とりあえずここまで

[青りんご生産協同組合] 共通事務システムの実証試験について

青りんご生産協同組合より共通事務システムの実証試験について発表します。

詳細につきましては以下の発表資料を確認してください。

共通事務システムの実証試験について

[青りんご生産協同組合] 来年度の事業計画について

青りんご生産協同組合より来年度の事業計画について発表します。
発表内容の目次は以下のとおりです。

1:新拠点所在地
2:持ち株会社の設置、及び機能子会社の設置
3:HD による「株式会社 同人サークルツカラジッ!」
4:共通事務システムの実証実験について

詳細につきましては以下の発表資料を確認ください。

来年度の事業計画について

NuAns NEO [Reloaded] おサイフケータイの話

ファーストインプレッションの次がこれ?と言われそうですが、私的に重要なので。全体的には不満ないですし、カバーも届いていないのでものが揃うぐらいにはメリット/デメリットも分かってくるかなあー?と。

んで今回はおサイフケータイ。ヘビーユーザーなので無いと正直困るぐらいには使い倒しています。

 

 

 

 

 

 

 

サブ回線で契約しているSH-01Jから引っ越したのがこれぐらい。キャプチャには無いですが、KONAMIのeAmusement Pass、SEGAのAime、バンナムのバナパスポートカードといったゲームのデータカードもあるので、15枚ぐらいはセットしています。

引っ越しせずに使っても良いのですが、せっかくなので引っ越せるのは引っ越し。反応もしっかりしていて流石Suicaの試験通過しただけはあります。(非MNO納入メーカーとしては初の認定となりました)

Android Payも使えます。今のところ非常に微妙な立ち位置ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただしいくつかハマった所も何点か。

・dカードiDは利用不可

ポストペイタイプの電子マネーiD、SIMフリー端末ではこちらの

iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)- Google PlayのAndroidアプリ

SIMフリー版のアプリを使う必要がありますが(ドコモ版使うとspmodeでの接続が要求されたりします)、こいつ「dカードは登録不可」になってます。
ローソンでの還元とかがあるだけに、ドコモさん勘弁してという感じです。仕方がないので、イオンカードとセゾンカードを登録してdカードはSH-01Jに残しました…

・クロネコメンバーズの登録は一癖あり

かざすフォルダに入れる会員証ですが、おサイフケータイアプリの案内通りにやるとスマホサイトに誘導されて登録できません。

https://9625.jp/

こっちのガラケー版サイトに行くと登録できます。かなり前からそうだったようなきがするので、ヤマトさんには改修して欲しいところです。

・バナパスポートカードのアクセスコードは取得できない

ハマったというか、使えない事例です。ゲームのデータカードの移行には、大概

筐体のコード表示モードでかざす→コードを発行する→専用サイトでコード入れて移行手続き

で行います。eAmusement Pass、Aimeでは問題なく出来ますがバナパスポートカードではできず。コードの表示をFeliCa Push(おサイフケータイをかざしてURLを送信する)の仕組みで伝送するので、非対応機種である(と見られる)NuAns Neoではコードを受け取れず。
フェリカネットワークスが技術情報の公開を4月に停止してしまったためで、仕方がない面もあります。(ドコモも2017冬から機能非搭載とするようです)

一応バンダイナムコさんに問い合わせをしましたところ、

それらの情報については把握しており、おサイフケータイでサービスが継続できるよう、アクセスコードの取得方法について検討している。ただ、現時点では対応予定は未定です。

とのこと。しばらくはかかりそうですな。

※一応の話。バナパスポートカード⇔Aimeで相互利用サービスを行っているが、物理カードの話でありおサイフケータイでは別登録になる。AimeだとQRコード表示してくれるので、その方式にして欲しい。

とまあこんなことろか。備忘録的になってしまったけど、おサイフケータイの話でした。ほんと使い勝手は良いです。ガラケー感覚で、リーダーに叩きつけないことさえ気をつければ。(画面割れたら縁起でもない

 

あ、後一つだけ。「この端末にはFeliCaチップ入ってます」※トリニティ社員さんのツイートより
誰ですか、NFC-F対応でHCE-Fでもやってる体で書いたニュースサイトは。(そもそもHCEだとアプリ立ち上げて利用カードを明示的にしないとダメ。画面オフ状態では使うことは出来ない。

NuAns NEO [Reloaded]ファーストインプレッション

ブログは久し振りです。(いつも久しぶり言ってる)
Nexus5Xがもうすぐ3年目になりそうだったので、NuAns NEO[Reloaded]を購入しました。
が……届く前日にN5Xがブートループ。かなりすったもんだの中で到着となりました。(N5Xは無償交換だそうで。売り飛ばす予定だったのでなんか申し訳ない)

お亡くなりになったN5X。お疲れ様でした

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直してレビューの方をば。

紙筒に入った本体。貯金箱として再利用も出来るとか。
上の紐を引っ張って取り出します

 

 

 

 

 

 

 

取り出すと3つのパーツに分かれます
付属のUSB-Cケーブル。A端子側もリバーシブルです。
付属品ながら布巻き。耐久性も良さそうです。

 

 

 

 

 

 

本体。説明の紙が巻いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

表の説明。

 

 

 

 

 

 

 

ではいよいよ本体と対面です。今回はフリップケースベース(※)がセットされた状態で販売されています。ちょうどカバーが全く手元に届いてないので嬉しいです。
※公式ショップでカスタム用部材として販売もあります( http://www.nuansstore.jp/SHOP/NA-FLIP-B.html )

表面。反射がキツイですが、下部に指紋センサー。
右側面。上から音量+、-、電源キー。
底面。左からイヤホン端子、マイク、USB-C、スピーカー、ストラップホール。
裏面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックカバーを外したところ
右上のmicroSIM、microSDスロット。nanoSIM用アダプタが付属しています。シリコンのカバーをなくすと防滴性能が損なわれるのでくれぐれも注意。
カード入れ部分。おサイフケータイのアンテナが見えます。ダミーカードは画面拭きとして使えるので便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では起動して初期設定。OSはほぼ手の入っていないAOSP版7.1.1と思われます。セットアップの手順もNexus端末のように簡素なものです。

最初のロゴ。
ペンでロゴが塗られていくブートアニメーションが流れます。
セットアップウィザード。SIMを刺していると、APN設定が現れます。APNリストは主要どころはほぼ網羅しています。

 

 

 

 

 

 

 

今回は心機一転で新規端末としてセットアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

Wi-Fi設定するとアップデートチェックされます。初期ロット以降の端末らしく、アップデート適用済みでした。
Googleアカウントにログインして設定を続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

指紋認証の設定
起動時に指紋以外の認証を必須とするか設定できます。
Googleアカウントの設定が一通り終わるとこの画面に。何もなければ完了です。

 

 

 

 

 

 

 

Qualcommの位置情報ユーティリティっぽいです

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこの辺で初期設定終わり。お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

ドロワーは1ページしか無いシンプルさ
RAMは3GB搭載。ゲームはiPadでやるので必要十分以上です。
ROMは32GBで7GBほどOSなどで利用済み。内部ストレージとしてSDカードをフォーマットすればアプリも置けるので、容量の心配をしなくても良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなったのでこの記事はここまで。まだしばらく続くと思います。
こんなにわくわくする端末も珍しいです。

現金払いしか出来ないマクドナルドでクレジット払いするネタ

久々のネタはライフハック系で。
タイトルのとおりだが、何言ってんだこいつというのはいいからまず聞いてくださいな。

私の通勤上には盛岡駅ビルフェザンの中にマックが入店していて、たまには寄っていくこともある。しかし、困ったことにこの店舗「現金払いしか使えない」のだ。つい先日には、電子マネーリーダーを更新したものの相変わらず電子マネーは使えないようだ。(これに関しては今年度後半からの決済方法拡大に合わせて変更するとは思うが)

ともあれ電子決済大好きおじさんには辛い話なので、はやいとこなんとかならないものかと思っていたが…2017/06/01から楽天ポイントカードが全店で利用可能になったので話は変わった。

早い話が「楽天ポイントを購入してポイント払い」すれば間接的にクレジット決済できるというわけ。

実際の購入レシート。全額をポイント決済している。
実際の購入レシート

 

 

 

 

 

 

 

先に導入されたdポイントはこういうのは出来ないし、ポイント利用分は買上ポイント対象外になるが、楽天ポイントだと付与される。(ただガッツリ使うのはdポイントなので頭がいたいところではあるが)

実際に楽天ポイントを購入する方法としては、

1つ目が、コンビニなどで売ってるPOSAカードを買う

POSAカードタイプの楽天ポイントギフトカード
POSAカードタイプの楽天ポイントギフトカード

 

 

 

 

 

 

 

バリアブルだと1,500円から50,000円まで1円単位で指定できる。
セブンイレブンだとnanacoで買えるので、クレジットチャージして買えばよろし。

2つ目が、おサイフケータイのEdyから楽天ポイントに交換する
1円単位で交換できるが、Edyのチャージ自体は1,000円単位なのでその辺は使いよう。

どちらの方法でもデメリットとして、「交換してから6ヶ月の期間限定ポイント」として登録されるので、うっかり失効させないように気をつけよう。

回りくどいし、需要あるか知らんがやってみたので。フェザン店が今年中に電子マネー使えるようになるのを待ってます。

ConoHaのVPSでMastodonインスタンスを作る

久しぶりに書く気になったので。今流行のMastodonの作り方です。

こんな人向けを想定してます
・Debian/Ubuntuでサーバー建ててる
・VPSやドメインを持ってる
・Apache使いである(Nginx分からないのです)

環境はこんな感じで
・VPSはConoHa
・Ubuntu 16.04 LTSをインストール
・メールサーバーがConoHaのアプリケーションサーバー

では手順の方を

Certbot、Apache、Gitが入っていない人は入れておいてください
Certbotはletsencryptパッケージで入ります

  • Docker-EngineとDocker-Composeをインストール
    aptでインストールするとバージョン古いので、build通りません。公式レポジトリから新しいのを入れます。

鍵を追加したらレポジトリを追加

そしたらdocker-ceパッケージを入れておきます

次はdocker-composeをインストール

https://github.com/docker/compose/releases/
で最新リリースをチェックしておきます。(2017/05/05では1.13.0)

VERSIONは最新リリースのバージョンに書き換えてください。

  • Mastodonをクローンする
    /var/www/mastodonに置くこととしてますが適宜変えてください。
    あと、最新のコミットにすると色々面倒になるかも思います。

cloneが終わったら設定ファイルを作ります

テンプレをコピーしたら適当なエディタで開きます

L12
LOCAL_DOMAIN=”動かすドメイン名”

L40~
SMTP_SERVER=”コンパネで見られるsmtpサーバー”
SMTP_PORT=587
SMTP_LOGIN=”作ったアドレス”
SMTP_PASSWORD=”設定したパス”
SMTP_FROM_ADDRESS=”作ったアドレス”
L49コメントインして
SMTP_OPENSSL_VERIFY_MODE=none

ここで一旦保存して、docker-compose.ymlを編集。
L8,9,15,16をコメントインします。

ここまで来たらイメージを作ります

終わったら、.env.productionのL21-23に使うシークレットを生成します

を3回実行して貼り付けます。

終わったらDBの生成とアセットのプリコンパイルをします

では起動しましょう

とりあえずの動作チェック

異常がなければ一瞬で終わるはずです

設定ファイルのサンプルがあるのでこれを参考にDocumentRootやらを書き換えます。
あと、proxy_wstunnelのModを有効にしろとあるのでa2enmodで有効にします。
SSLの証明書はcertbotで取ります。

次にアカウントを登録してメール認証を通します。管理者になるには

cronも設定します。設定しとかないとインスタンス間の接続が切れたり、マッハでディスクフルになったりとろくなことがないです。

24 25 4,17 * * * /bin/bash -l -c ‘cd /var/www/mastodon && docker-compose run –rm web rake mastodon:daily’
25 45 4,17 * * * /bin/bash -l -c ‘cd /var/www/mastodon && docker-compose run –rm web rake mastodon:media:remove_remote’

  • アップデート
    アップデートしたい時は

とりあえずこんな感じで。あと、これ書いている間にアップデートかけたら手順を間違えてDB飛びました。下手な運用すると大惨事です。気をつけましょう。(あと間違えてDockerでDownしたりとかもしないように)