スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

V-Carnivalライブレポート 〜Virtualの5年とこれから〜 #02 Day2

RasPi2でA&G録音サーバーを作る - (1)OSセットアップ

RasPi2をとうとう手に入れました。Pi1は重い処理をさせるとすぐへこたれていたのでCPU・メモリの強化はありがたいです。 ついでにA&Gの録音サーバーを立ててみようと思ったので、備忘録的にメモ。 SDカードの準備 Rasbianを使いました。 公式ページ でさくっとダウンロードしましょう。私は直接書き込むタイプのイメージを使いましたが、通常はNOOBSを使ったほうがお手軽です。 初期セットアップ 初回起動時はraspi-configが自動で立ち上がるので初期設定。 1:Expand Filesystem(NOOBS使った人は不要) 2:Change User Password 4:International Optionsの    I1:Change Locale    I2:ChangeTimezone    I3:Change Keyboard Layout 8:Advanced Optionsの    A2:Hostname あたりは設定しておきましょう。終わったら一度再起動。 IPアドレスの固定 $sudo nano /etc/network/interfaces で設定ファイルを開き、 iface eth0 inet dhcp から iface eth0 inet static address xxx.xxx.xxx.xxx netmask yyy.yyy.yyy.yyy gateway zzz.zzz.zzz.zzz と変更して保存。 $sudo service networking restart で設定が反映されるはずです。ダメだったら再起動で。 Byobuの設定 sshで接続する際に便利なByobuです。ステータス表示もしてくれるのもナイス。 $sudo apt-get install byobu でインストールし、 $byobu で起動します。F9で設定画面にいけるので、Bypbu currently launches at loginで自動起動設定をオン、Toggle status notificationsでお好きなステータス表示を設定しましょう。(残念ながら並べ替えは出来ません) SSH鍵の設定 自宅内だけでアクセスするなら不要ですが、そう

RasPi2でA&G録音サーバーを作る - (2)ファイルサーバーのセットアップ

前回 はRasbianの設定を行いました。 今回は録音したファイルを自由に聞ける・見れるようにするためのファイルサーバーを構築します。 Sambaのセットアップ まずはインストール $sudo apt-get install samba samba-common-bin インストールが終わったら $sudo smbpasswd –a pi でパスワードを設定した後、 $sudo nano /etc/samba/smb.conf で設定ファイルを開きます。 まず、[global]の下辺りに unix charset = UTF-8 dos charset = CP932 max protocol = SMB2 と追記します。 次は末尾に行き、 [USB-HDD] path = /media/usb-hdd browseable = yes writable = yes create mode = 0777 directory mode = 0777 share modes = yes のように追記します。 []内で共有名、pathで共有する場所の設定を行っていますので各自変更してください。 終わったら保存し、 $sudo service samba restart で設定を反映させてください。 これでSambaはセットアップは終わりです。 owncloudの設定 自宅内だけならSambaで十分ですが、外出先だと不便です。そこで「自分用Dropbox」のようなサービスを作れるowncloudを導入します。 ※今回は直接外部に公開する設定については書きません。それなりの対策が必要ですので…そのうち書きますが。 今回は自動インストールしたいのでowncloudのレポジトリを追加します。 このページ のDebian7.0の方法通りに行きます。 $ sudo su でrootになったあと、 # echo 'deb http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/Debian_7.0/ /' >> /etc/apt/sources.list.d/owncloud.list # wget http://download.