RasPi2でA&G録音サーバーを作る – (2)ファイルサーバーのセットアップ

前回はRasbianの設定を行いました。
今回は録音したファイルを自由に聞ける・見れるようにするためのファイルサーバーを構築します。

Sambaのセットアップ

まずはインストール

$sudo apt-get install samba samba-common-bin

インストールが終わったら

$sudo smbpasswd –a pi

でパスワードを設定した後、

$sudo nano /etc/samba/smb.conf

で設定ファイルを開きます。
まず、[global]の下辺りに

unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
max protocol = SMB2

と追記します。
次は末尾に行き、

[USB-HDD]
path = /media/usb-hdd
browseable = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777
share modes = yes

のように追記します。
[]内で共有名、pathで共有する場所の設定を行っていますので各自変更してください。

終わったら保存し、

$sudo service samba restart

で設定を反映させてください。
これでSambaはセットアップは終わりです。

owncloudの設定

自宅内だけならSambaで十分ですが、外出先だと不便です。そこで「自分用Dropbox」のようなサービスを作れるowncloudを導入します。
※今回は直接外部に公開する設定については書きません。それなりの対策が必要ですので…そのうち書きますが。

今回は自動インストールしたいのでowncloudのレポジトリを追加します。
このページのDebian7.0の方法通りに行きます。

$ sudo su

でrootになったあと、

# echo ‘deb http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/Debian_7.0/ /’ >> /etc/apt/sources.list.d/owncloud.list
# wget http://download.opensuse.org/repositories/isv:ownCloud:community/Debian_7.0/Release.key
# apt-key add – < Release.key
# apt-get update
# apt-get install owncloud php-apc

でレポジトリの追加、鍵の登録、インストールを行います。インストールパッケージにphp-apcを追加していますが、PHPのキャッシュを作り動作スピードを上げるためです。
また、途中でmysqlのrootパスワードを設定するよう促されますので設定します。

次にmysqlの設定をします。

※mysqlの設定部分は、dsp74118の補完庫 – ownCloudのDBをSQLiteからMySQLに変更 を参考にしました。

# mysql -u root –p

でmysqlのプロンプトに入ります。パスワードは先ほど決めたmysqlのrootパスワードを入力してください。

mysql > create database owncloud default character set utf8;
mysql > grant all on ownclowd.* to owncloud@localhost identified by ‘**********’;

でデータベースとアカウントを作成します。**********はユーザーowncloudのパスワードとなりますので各自で決めてください。プロンプト上ですので、パスワードはマスクされず平文で出ます。覗きには注意してください。

ここまで終わったら、ブラウザで

http:// (RasPiのIPアドレス) /owncloud

にアクセスすると初期設定画面が出ます(キャプチャ忘れてました。すみません)、rootユーザー名とパスワード、データフォルダとデータベースを設定します。
DB名とDBユーザー名はowncloud、DBパスワードはowncloudのパスワードとします。

続いてowncloudでストリーミング再生が出来るようにします。

https://apps.owncloud.com/ のMultimediaにMusicというアプリがありますのでダウンロードします。
164319-music.zipが保存されますので、SFTPなりで転送してください。転送したら、

$ unzip 164319-music.zip
$ sudo mv music/ /var/www/owncloud/apps
$ sudo chown root:root –R /var/www/owncloud/apps/music

でアプリフォルダに移動します。ここまで終わったらブラウザでowncloudにログインします。

キャプチャ

キャプチャ2

左上にあるファイルの下矢印→アプリの順にたどり、アプリ管理画面を開きます。

キャプチャ3

左ペインの無効カテゴリからMusicを探し、有効にします。

これでowncloudの設定は終わりです。

次回はRubyのビルドと録音スクリプトの設置を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です