スキップしてメイン コンテンツに移動

V-Carnivalライブレポート 〜Virtualの5年とこれから〜 #02 Day2

ConoHaのVPSでMastodonインスタンスを作る


久しぶりに書く気になったので。今流行のMastodonの作り方です。

こんな人向けを想定してます
��Debian/Ubuntuでサーバー建ててる
��VPSやドメインを持ってる
��Apache使いである(Nginx分からないのです)

環境はこんな感じで
��VPSはConoHa
��Ubuntu 16.04 LTSをインストール
��メールサーバーがConoHaのアプリケーションサーバー

では手順の方を

Certbot、Apache、Gitが入っていない人は入れておいてください
Certbotはletsencryptパッケージで入ります

  • Docker-EngineとDocker-Composeをインストール
    aptでインストールするとバージョン古いので、build通りません。公式レポジトリから新しいのを入れます。

$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

鍵を追加したらレポジトリを追加
$ sudo add-apt-repository "deb https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

そしたらdocker-ceパッケージを入れておきます
$ sudo apt update ;sudo apt install docker-ce

次はdocker-composeをインストール

https://github.com/docker/compose/releases/
で最新リリースをチェックしておきます。(2017/05/05では1.13.0)
# curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/VERSION/docker-compose-`uname -s` `-uname -m` > /usr/local/bin/docker-compose" $ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

VERSIONは最新リリースのバージョンに書き換えてください。

  • Mastodonをクローンする
    /var/www/mastodonに置くこととしてますが適宜変えてください。
    あと、最新のコミットにすると色々面倒になるかも思います。

$ sudo git clone https://github.com/tootsuite/mastodon.git mastodon

cloneが終わったら設定ファイルを作ります
$ sudo cp .env.production.sample .env.production

テンプレをコピーしたら適当なエディタで開きます

L12
LOCAL_DOMAIN="動かすドメイン名"

L40~
SMTP_SERVER="コンパネで見られるsmtpサーバー"
SMTP_PORT=587SMTP_LOGIN="作ったアドレス"
SMTP_PASSWORD="設定したパス"
SMTP_FROM_ADDRESS="作ったアドレス"
L49コメントインして
SMTP_OPENSSL_VERIFY_MODE=none

ここで一旦保存して、docker-compose.ymlを編集。
L8,9,15,16をコメントインします。

ここまで来たらイメージを作ります
$ sudo docker-compose build

終わったら、.env.productionのL21-23に使うシークレットを生成します
$ sudo docker-compose run --rm web rake secret

を3回実行して貼り付けます。

終わったらDBの生成とアセットのプリコンパイルをします
$ sudo docker-compose run --rm web rails db:migrate
$ sudo docker-compose run --rm web rails assets:precompile

では起動しましょう
$ sudo docker-compose up -d

とりあえずの動作チェック
$ curl -o /dev/null -S http://localhost:3000/

異常がなければ一瞬で終わるはずです

設定ファイルのサンプルがあるのでこれを参考にDocumentRootやらを書き換えます。
あと、proxy_wstunnelのModを有効にしろとあるのでa2enmodで有効にします。
SSLの証明書はcertbotで取ります。
$ sudo letencrypt certbot --standalone -d "domain"

次にアカウントを登録してメール認証を通します。管理者になるには
$ sudo docker-compose run --rm web rails mastodon:make_admin USERNAME="ユーザー名。メールアドレスではない"

cronも設定します。設定しとかないとインスタンス間の接続が切れたり、マッハでディスクフルになったりとろくなことがないです。

24 25 4,17 * * * /bin/bash -l -c 'cd /var/www/mastodon && docker-compose run --rm web rake mastodon:daily'
25 45 4,17 * * * /bin/bash -l -c 'cd /var/www/mastodon && docker-compose run --rm web rake mastodon:media:remove_remote'

  • アップデート
    アップデートしたい時は

$ sudo git pull
$ sudo docker-compose build
$ sudo docker-compose up -d

とりあえずこんな感じで。あと、これ書いている間にアップデートかけたら手順を間違えてDB飛びました。下手な運用すると大惨事です。気をつけましょう。(あと間違えてDockerでDownしたりとかもしないように)

コメント

このブログの人気の投稿

サークル名で銀行口座を作ってみた

お久しぶりです。 表題の通り、同人サークル 青りんごホールディングス名で銀行口座を作ってみたので備忘録として。 今回作ったのはゆうちょ銀行です。この手の口座ではインターネットバンキングが使えなかったりと不便なことがありますが、この点では比較的ゆうちょは優しいです。 必要となるものは 総合口座利用申込書 取引目的等の確認書類(法人等のお客さま用) (必要であれば)ゆうちょダイレクトサービス申込書 印章 代表者の本人確認書類 規約等の写し 会の活動実態を示す資料 会員名簿 です。それぞれ簡単にポイントを書いておきます。 1:総合口座利用申込書 個人口座と同じ様式の青の申込書です。 ��住所のあとに「代表者 ~」と代表者名を記載 ��おなまえ欄は規約に記載されている名前と表記ゆれがないか注意(特にアルファベットの大文字小文字、単語間のスペース) ��キャッシュカードは一般のみ選択可 ��オートスウィング基準額は1,300万を限度に指定 これはさほど難しくないでしょう。 2:取引目的等の確認書類(法人等のお客さま用) このご時世なので必要な書類です。キチンと書いておきましょう。 ��お取引の名義人様欄で「社団の種別」という欄があります。サークル名で口座を作る場合は「人格なき社団」扱いですので、「10」と記入しておきます。 ��お取引の目的、事業内容は当てはまるものを選択しておきます。ない場合はその他に具体的内容を記入しておきます。(会費の徴収など 3:(必要であれば)ゆうちょダイレクトサービス申込書 申し込みしておいたほうが何かと便利です。住所欄に「代表者 ~」を最後につける以外では特に注意すべきところはないです。 4,5:印章と代表者の身分証明書 面倒になりやすいので会の代表者が行ったほうが無難です。代表者ではなく会計者を設定することもできますが、どちらにしても本人が行く必要があります。あと印章ですが、私は「 いいはんこやどっとこむ 」で作成しました。団体名で印章を作っておいたほうが、代表者変更に伴う改印などの手間が減ります(改印を伴った代表者変更はかなりの厄介案件となるようです) 6:規約等の写し この辺からは難しくなります。規約で記載すべき事項としては、 ��名称 ��

トリシティを買います。 ~序章~

---久々にブログ書いて、こんな大ネタぶちこむとは思わんだ。 というかサークルネタにバイク買うとか、費用対効果もあったもんじゃない ご無沙汰してます、初転勤で引っ越して半年もたたずに部署も変わって実生活はだいぶ荒れ狂ってる青りんごです。 (経緯も経緯なので正直だいぶ穏やかではない タイトルにもある通りトリシティ(155ccの方)を買う決断をしました。 そこ、しまりんに影響されたとか言わない ("直接には"影響されてない理由は後述) というものの、車ほどガチガチでもなくラフな移動手段が欲しくて原付でも買おうかなあとは社会人になった当初から考えていたのですが、 どうせ原付買うならビッグスクーター(≒原付二種)良くない?あとこの辺だと高速乗れたら楽しそうだし155ccぐらい良くない? という至極安直な発想でバイク購入を決意。車種は比較的オーソドックスな マジェスティ とかでも良かったのですが、前二輪という  変態  実用性と近未来的フォルムを兼ね備えた トリシティ にすることに。ちょっと高いけどかっこいいし、安定感あるし許す。 (註釈:現行販売されているマジェスティSは台湾からの逆輸入モデル。国内での製造は終了してます。 ただ特殊な構造と排気量故に免許の問題っていうのもあって、普通二輪免許無いと乗れないということで(原付二種だと小型でもいいんですがねえ……)免許取得しつつ車両手配という感じに。 (註釈:155ccは法令上では「検査対象外軽自動車の側車付オートバイ」という扱い。めんどくさいので、更に噛み砕いて言うと 検査対象外軽自動車→自動車登録検査制度、いわゆる車検の対象から外れている軽自動車。250cc以下の普通自動二輪や牽引式のキャンピングカー、スノーモービルなんかが該当します。車検はないですが、軽自動車税は徴収されます。 側車付きオートバイ→サイドカーのこと。映画とかに出てくるアレ。現行法に合致するように無理矢理の法解釈で運用されてますね。 最初にしまりんの話をしましたが、しまりんがコラボ漫画で乗っているのは125ccモデルで原付二種です。なので"直接は"影響されてない。というかビーノの代車がトリシティって太っ腹。 幸いにも市内にあるチェーン店のレッドバロンで 免許取得応援キャンペーン

Bloggerに引っ越しました

数年ぶりにですが、WordpressからBloggerに戻しました。 Wordpressも便利だったんですが、更新頻度と維持コストが見合わなくなったのでこっちに戻します。 手作業でデータを引き上げたので、キャプションとか結構飛んでます。 URLについては設定終わりしだい、昔の https://blogs2.a-apple.net/ で見られるようになるはずです。 (もう少しブログかければいいんだけどねぇ……) ではまた。